股奇世業〜ひゃっきやぎょう〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スカーレットライダーゼクス」…

<<   作成日時 : 2010/07/05 20:31   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

やっています(公式は此方から)
……えぇ、まぁ、所謂乙女ゲー(notBL)です。何のかんので初めてでした、乙女ゲーって。
ちなみに兄が買ってきました。……まぁ、見た目はスタイリッシュなディ○イド風だから良いとして、だがしかし。無かったからといって、何故限定版。良いのか兄。気にしちゃいけないのでしょうか。
それはともかく、現在三周目です。一度目はトラウマティックなBADENDでしたが。八方美人プレイは駄目ね……。でも一途はつまらん(好感度的に)←
そして指揮パートがもうちょっと戦況にどうたらって感じで影響与えてくれたら良かったのになー、と思うのは自分が乙女ゲーやり込んでないからでしょうか。恋する乙女にそんなのは要らんと。セリフスキップも面倒臭かった……設定投げっぱは、別に良いんです。乙女ゲーだから、ストーリーとかもこまけぇこたぁいいんだよってノリなのも分かります。
しかし、あんなにもホイホイと本土が消滅して良いのでしょうか。いえ、実際は西表島と江ノ島と富士山の大部分と五稜郭付近ですが。寧ろ、月を破壊する乙女ゲーが今まであったでしょうか。新しい……!(そこじゃない)後どうなるんだ。……主人公の選択で、もしかしたら全部元通りになっちゃうのかなー。
そんな、恐らくそこらの乙女方には些細な疑問は浮かびつつ、何周もやるの面倒臭いとも思いつつ、選択肢後でも可能なシーンバックに助けられ、もうちょっとヨウスケとカズキのEDが見たいので頑張ります。……DEATHルートは鬱だって分かってるけどな……。黄金まで遣りこむ気は無い。あぁ、そういえば紅と青との戦争は主人公取り合いみたいな感じは何だか鬼祓師を彷彿とさせました。流行っているのでしょうか、主人公サクリファイスコース
EDはメインとサブスタンスで分岐もあるのですが、M(メイン)とS(サブ)ルートとは、何とも言い得て妙な。
あとは、長官と甘粕とオペレーターとのEDはありませんか
地味にオペが好みなんだ、顔が!(←)あとは甘粕の好感度とか絶対あるんだろ、とか思っていました。被害状況で好感度上限とかさぁ!最初の、「甘粕くんの〜」の選択肢であるって思っていたもん!(何
そんでもって、キャラ雑感など。まだ攻略していないのや、攻略する気が起きないであろうキャラも含めつつ。攻略をまだしていないのはまたじっくりやりたいなぁ。今の所、二人のみEDなので。
とりあえずメガネ……だと被るので、くせ者忍者甘粕いこうか
攻略キャラじゃないのは些細な問題です。というか、普通に黒髪とメガネで地味に好みなんだよ!ちくしょう!何で個別EDが無いんだ!補佐官とか美味しいだろうが!
と、個人的嗜好がだだ漏れしつつ、事情を知りつつも主人公の忠実な補佐官としての彼は頼もしく、そして物語後半でしれっと命令違反をする男前さも兼ね備え、他の攻略キャラとの逢瀬との為のタイミングを据え膳したりと本当にサブキャラなのが勿体無いくらいです。
背後に気配消して現れるとか、実は音楽(バンド)好きな一面もあったりして、キャラを掘り下げて欲しかったな……と思いつつ。だから個別エンディングは無いかと小一時間ry
まぁ、何よりの注目は雪のハコダテでも変わらない半袖スタイルですが。見ている方が寒いわ!!
次、一番最初に(BAD以外で)EDを迎えたのはユゥジ(愛より)でした。
小さいゥとか面倒くせぇよと思いつつ、彼はゼクスメンバーの中で最年長の21歳です。でも学生。まぁ、この辺りは九龍で夕薙大和という高校生に見えない前例があるので、まだ彼は大人びた高校生に見えなくもありません。
性格は最年長らしく、常識人依りで皆のお兄さん兼ちょっと苦労役、という所でしょうか。髪型とちょっと声も似ている事もあって、00ガ○ダムの緑兄が脳裡から離れない幻影がちらつきつつ。家族、仲間を何よりも大切にし、実際家族も弟、妹と居て、益々デジャヴを深めつつ、選択肢やらは基本的にライダー全員の傾向として女の子らしい反応すれば、ラブ度やテンションは上がりやすいのではないかな、と。ちなみに何で最初、ユゥジだったのかと言えばバッドエンドの前のイベントやらであまりにも心配になったからです。
というか、ユゥジの後半辺りのラブイベントなんてもう……守る守ると寝言のように言うのはまだ良いとして、実家に伴って挨拶だの、「これが終わったらお前に言いたい事が…」だの、プレゼントを用意してあるだの、言外なプロポーズだの、愛の告白や口説き文句を通り越して最早、どう見ても死亡フラグです本当に有難う御座いますで、主人公が動いてやらないと死んでしまいそうだったんだもの……まぁ実際、死亡したのは違うのですが。これ、サブスタンス依りだと本当にある意味死亡フラグ並みの悲惨さなんだろうな……。ED後は、例の如く実家に嫁入り(…)でした。
二番目、実は先程終わったばかりですがヒジリ(DEATHより)でした。
ぶっちゃけ、エピフォンかわいいの一言に尽きました。
それだけでは何なので、彼について。ヒジリは途中参戦のライダーであり、如何やら前から主人公やエピフォンなど、LAGやサブスタンスについてよく知っている模様。軽薄そうながらも、何処か秘密を抱えているようで、絶望やら諦めといった言葉をよく口にして現実主義な一面を見せます。その実は現在のライダーよりも前、第五ライダーの生き残りで記憶を失い、全てをリセットした主人公に今までと同じ事を繰り返させない為に戻って来た者でした。
まぁ秘密やら何やらはゲームの都合上丸分かりですが、軽薄さよりも痛々しい悲愴感が際立って、軽薄キャラにはなかなか思えませんでした。軽薄に見せかけてシリアス、は好きですが、シリアスが分かりやすすぎて如何にも……。
正直ヒジリに思い入れが薄く……(汗)サブスタンスルートは、唯一青の世界を選んだ、という事になっているのではないでしょうか。噂通り、悲惨でしたが。ヒジリは度重なるレゾナンスにより、精神を侵食されて最後には主人公を守り切るも廃人に。その後、主人公が寄り添うように僻地で療養生活を送りますが、やはり奇跡は起きずに……しかし、ある日、主人公の耳に歌が聞こえてきます。その歌は、長らくヒジリの肉体に居るエピフォン自身の心から紡いだものでした。それにより、主人公もそこでヒジリだけではなくエピフォン自身の気持ちにも気付くのです。
……と、最萌えはエピフォンで、そのまま主人公とくっついちまえよとサブスタンスルートにしてはメインを差し置きたい感じでした。それに、エピフォンとの色違いの兄貴(名前忘れた)の弟バカっぷりとエピフォンのつれなさは乙女ゲーのプレイヤーには不謹慎ですが腐った思いがもやもやと。何だこの兄ちゃん弟好き過ぎるだろおかしいだろ、主人公筋違いにも程があるだろと思いました。寧ろ好きなのはヒジリではなくエピフォンです(真顔)
思いの外、長くなってしまったので他のは書けないかな……と思いつつ。乙女ゲー特有のキャラの口説き文句やらに、選択肢中、何度も【殴】ボタンを探したのは自分だけでしょうか((
そんなんだから、普通にやっていると八方美人だったり、指揮がやたらめったらバランス良くなるんだよ……。それじゃあエンディング辿り着けないっての……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「スカーレットライダーゼクス」… 股奇世業〜ひゃっきやぎょう〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる